★☆★お店情報★☆★

◆魚介串焼 楽縁(たのえん)
◆住所:群馬県高崎市あら町116番地新井ビル2F
◆電話:090-2735-4908
◆営業時間:夕方6時から翌2時まで
◆月曜定休

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2016年06月27日

エスペランサゆのか




別府温泉には一泊宿泊する予定で来ています。

実家の両親と合流して、

宿泊した施設は「エスペランサ ゆのか」





写真は5人で予約していた懐石コースの夕食

前菜から、お椀→お造り→焼き物→煮物→御飯→果物

と、思いがけず、ちゃんとした懐石コースが食べられるとは思ってもみませんでした。

冷酒などと一緒に美味しくいただきした。





「エスペランサ」とは…スペイン語で「希望」を意味するそうです。

建物全体がスペインちっくな創りになっています。

4階建で、中庭がありまして、水辺があります。





中庭が喫煙所になっています。

夕食後母と妹とまちゃ姉と三人で大浴場へお風呂に入りに行きました。

三人でお風呂なんて、何十年ぶりでしょう。

いい思い出になります。

お風呂を出ると直ぐにマッサージチェアーがあり、無料で利用出来ます。

三人でチェアーに乗り、ガッツリ30分くらい揉んでもらいました。






実は、この施設は九州電力と、その関連会社の保養施設だったりしまして…。

デキる妹が知人を介して予約してくれたんです。

まちゃ姉もマスターも、両親も大変満足でした。

持つべきはデキる妹です。


利用者の範囲

 利用者は、九州電力グループ各社が従業員と認めた者とその家族、退職者とその配偶者までを社内とし利用者の範囲とします。
 尚、社外の利用は社内者と同行の場合に限り御利用できます。


http://www.shinrintoshi.qgn.ne.jp/yunoka/html/yunokahp2.htm 

  


Posted by まちゃ姉 at 12:00Comments(0)日記

2016年06月26日

高崎山❗

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

『楽縁』のマスターとまちゃ姉は、初めての旅行に出かけました。

まちゃ姉の実家がある九州です。

まちゃ姉の妹が別府に連れて来てくれました。






高崎山❗

別府と言えば、高崎山です。

みなさん、聞いた事ありますか❓

そう、あの、お猿さんがいっぱいいる高崎山です。(*^◯^*)






お猿さん達は、完全に自由です。

みなさん、思い思いに好き勝手にやってます。

いろんなシャッターチャンスもありますが…σ^_^;

係員さんから「目を合わせないないでください。」と注意されました、(・_・;

ウッカリお猿さんを覗き込んで、写真を撮ろうとして、目が合い…(°_°)

つぎの瞬間、「何すんのよッ❗❗失礼でしょッ❗」

と言わんばかりに威嚇されました。あーびっくり!(◎_◎;)

お猿さんと目を合わせてはいけない…って本当だったんデスね。







季節がら、出産シーズンなんだそうで、赤ちゃんお猿がいっぱいいます。

お母さんと一緒の赤ちゃん子猿…(o^^o)

クリクリのおメメがめちゃくちゃ可愛いです。






この山は、元々高崎山という山だったのでしょう。

この場所は元々はお寺があった場所。

野生の猿が農産物を食べてしまい被害が出るので、

山のこちら側に猿達を集め、ある程度満腹なら農産物の被害も減るだろう。

と、お寺の御住職が時間を決めて餌をやり出したのが高崎山の始まりなんだとか…。






子猿達がじゃれあっています。

子猿の耳…見てください❗めっちゃ可愛いくないですか❓

子猿達がたくさんいて、ちょうどいい季節に訪れたのかもしれませんね(*^◯^*)





高崎山には幾つかお猿の群があり、お猿達は基本、野生なのだそうです。

この餌場にやって来るのはボス猿と雌のお猿とその子供達なんだそうです。

若い雄猿達は餌場に来る事は許されず、自力で餌を採取し、摂取してください。

と、いう決まりだそうです。

お猿が生きて行くのも楽じゃ無さそうです。




上段の写真は子猿が脚で木の枝を掴んでいるのが分かりますでしょうか❓

真ん中の写真のお猿がふと、顔を上げたのが下段の写真。

良く見ると、一頭一頭顔が違います。

素人が見ても、個体識別がつきそうです。

やはり、人類に近いんでしょうね〜。

蟻とか個体識別絶対つかないもん❗

九州紀行はあともうちょっと続きます。
  


Posted by まちゃ姉 at 16:09Comments(0)日記

2016年06月25日

別府温泉、地獄巡り

そして、そして、九州の旅も華僑に入って参りました。

この日、まちゃ姉の妹が会社を休んで別府温泉に連れて行ってくれました。

大型二種免許を持つ父がベタ褒めするほど車の運転が上手なデキる妹です。

まちゃ姉は子供の頃から、別府には過去にも何度か訪れた事があります。

勿論、マスターは九州自体初めてなので、地獄巡りも初体験です。






坊主地獄

先ずは坊主地獄から…

もうもうと湯気の立つどろどろした泥の中からボコっ❗ボコっ❗と、お坊さんの頭みたいな大きな泡が立つ坊主地獄…。

そこらじゅう地熱で蒸され、サウナみたい。





坊主地獄の坊主(僧侶)が頭を出したような様子を写真に撮るのは至難の技です。

やはり、上手く撮れませんでしたので、園内の様子をUPします。

子供の頃に来た時には、コンパクトに一箇所でいろんな地獄を一挙に巡れた気がします。

まぁ、何十年も以前の事なので、記憶も曖昧です。

◯◯地獄がこの辺り数カ所に点在し、周遊券を購入して、地獄巡りをすると、2時間くらいかかるんだそうです。

他にも海地獄、白池地獄、龍巻地獄など、いろんな地獄が観られます。





この辺りは大分県。

あちこちの山々の所々からもこもこと湯気が立ち、大きな木は生えずらい箇所があるそうな。


山の所々が禿げてるみたいに見えます。

群馬県も山々がたくさんありますが、それとはまた違った景色です。





泥風呂

坊主地獄を見ていたら、あの泥の中に入ってみたくなりまして…。

近くに泥風呂があるというので、行ってみました。

以前はもっと賑わっていたであろう温泉施設…。立ち寄り入浴もやってるので、チャレンジしてみました。

あれっ❓泥じゃないじゃん…。

と思いきや、入ってみると足元がどろどろです。

ナントも奇妙な感触…( ̄▽ ̄)

細くて、けっこう長い渡り廊下を裸でペタペタと歩き、露天風呂もありました。

硫黄の匂いも手伝ってなんだか野生的な気分になれるお風呂です。

身体の真底から温まりました。

んで、風呂上がりは、やっぱ珈琲牛乳でしょ❗








血の池地獄

別府の地獄巡りと言えば、代表的なのは血の池地獄でしょ❗

と、まちゃ姉は勝手に思ってます。

お土産店を抜けた先に血の池地獄があるわけですが、

このお土産店、なかなか面白いユニークなグッズが揃っています。

お店の入り口に鬼の首が鎮座しています。




この真っ赤な血の池地獄を見ると、何故かマスターのテンションは上がりまくり⤴⤴

お店の人に「血の池地獄で入浴出来ないんですか❓」

と、尋ねると、「入ったら、死んでしまいます。」

と真顔でお答えいただきました。

75°Cあるそうです。

マスターは、あの真っ赤なお湯に浸かってみたいんだそうです。

別府、楽しい〜♬
  


Posted by まちゃ姉 at 12:00Comments(2)

2016年06月24日

スーパー川食

九州は福岡県、大分県との県境にまちゃ姉の実家があります。

実家のすぐ近所にスーパーがありまして…。

スーパー川食っていうんです。

まちゃ姉は、以前から何度か行った事ありますが、

マスターが「行ってみたい」というので、行ってみました。





マナガツオ、カワハギ

この辺りは海にも近く、ごく普通のスーパーで、こんなに立派なお魚がパックで売ってます。

群馬県のスーパーにではなかなか見られない光景です。

写真に撮ったつもりで撮れて無かったのですが、刺身用のサバが売っていて、マスターがびっくりしてました。

「刺身用のサバがスーパーに売ってると、ウワサには聞いていたが、本当だったんだ〜∑(゚Д゚)」




キンメダイ、甘ダイ

立派です(O_O)

キンメダイなんて、伊豆に行った時くらいしか見た事無かった…(^^;;

煮つけにすると、美味いんですよね〜♬

あと、エイの刺身なんかもありました。

エイって刺身で食べられるものだったんデスね…。





お肉コーナー

豚足が売ってます。

この辺りの人々は酢味噌をつけて豚足を食すんだそうです。

あと、せせり…鶏の首の部分のお肉デスね。

この辺りは「唐揚げ屋」がたくさんあります。

鶏肉の唐揚げだけ売ってる唐揚げ専門店です。

鶏肉好きなんですね…。特産でもあるのかな❓





鶏肉のモツ類も…

種類も多数ありますね。

写真右側はキモ、左側は心臓ってパックに書いてあります。

全体的に何でも安いみたいです。物価が安いんですね。




お弁当…¥398❗❗

けっこうなボリュームのお弁当が¥398也❗

こりゃあお徳です。女性は食べきれないかもしれません。

このブログの師匠のN子さんに教えたい…。

かと言ってスーパー川食で購入する訳にいかない…ジレンマ(~_~;)

今度実家に行く事があったら、金目鯛の煮つけでも作りたいものです。






  


Posted by まちゃ姉 at 12:00Comments(0)日記

2016年06月23日

宇佐神宮❗❗

こんにちは(^-^)/

流石は梅雨デスね。毎日じめじめムシムシ…

空気が重いような気がします。

おかげさまで、九州に滞在中はお天気に恵まれまして…(^.^)

これもひとえに日頃の行いかと感謝しているしだいデスf^_^;…www





宇佐神宮❗❗

母からの電話によりビビッた父は、その後一目散に宇佐神宮に向かってくれまして…。

ようやく本日の目的地である宇佐神宮に辿り着来ました。

大変立派な建造物(°_°)

大きな木々が茂る森の中にあります。





[皇族下乗場]の看板を横目に少し上がると、ドドーンとこれまた立派な大鳥居がそびえ立っています。

木々の緑と、鳥居の朱色のコントラストが青い空に良く映えて美しい佇まいです。

緑が深過ぎて、鳥居の奥はヤケに暗く見え、ちょっと不気味なほどです。





それでも、気合いを入れて大鳥居をくぐり

階段を上って行くと、これまた大きな朱色の灯籠が脇に立っています。

辺りの景色ばかりに見とれて居てはいけません。

のそのそと男性の親指くらいの太さのでっかい毛虫が階段を横切っています。

参拝に来て、殺生はいけません(^◇^;)

階段を上って行くと、またもや立派な大鳥居…。

奥に本殿らしき建物が見えます。





さらに奥に進むと本殿がありまして、(最初の写真です。)

こちらは、参拝の際「二例四拍手一礼」なんだそうです。

しかも横並びに三箇所参拝所がありまして、三箇所全てお参りするんです。

まちゃ姉もちゃんと「二例四拍手一礼」にて三箇所お参りしました。

勿論、御賽銭も三箇所分です。

写真は御神木とその奥にある御祈願所。

神主さんにお祓いなどしてもらう時にはこちらから入場するのでしょう。

御神木はしっかりナデナデして来ました。




徳利絵馬、奉納酒

こちらの絵馬は徳利なんですね。変わってます。

奉納酒も何やら立派な日本酒の樽と一升瓶が並んでいます。

本当は、太宰府天満宮に行きたかったんですが、ちょっと遠い事もあり、

両親の勧めで、わりと近いのに行った事が無い宇佐神宮に参拝したわけです。

全く知らなかった宇佐神宮。

ちょっとNETで見てみると…

宇佐神宮は4万社あまりある八幡さまの総本宮。

なんですって(;゜0゜)

そんなに由緒正しき処だったとは…全然知りませんでした(;^_^A

あと、パワースポットだったり、金運の御利益もあるとか…。

由緒など、ご興味のある方はこちらのサイトをどうぞ↓↓↓

http://www.usajinguu.com/lineage.html

いや〜来てみて本当に良かったです(*^◯^*)

国宝級のお宝…いや、美術品などが展示されている資料館などもありましたが、叔母にも会いたいし、早く実家に帰らなきゃ❗


  


Posted by まちゃ姉 at 12:25Comments(0)日記

2016年06月22日

双葉の里と豊後高田昭和の町

まだまだ九州紀行は続きます…。

この日、本当は宇佐神宮に連れて行ってもらうはずなのですが…

ハンドルを握る父はなんだか寄り道ばかり…。

いつになったら、宇佐神宮に辿り着くのでしょう❓





昭和の偉大な大横綱 双葉山❗

この辺りは実家から車で1時間くらい。

大分県宇佐市…。

双葉山は、この辺りがご出身だそうで、街道沿いにちょっとした記念館があります。

宇佐神宮に向う道中ですが…。

まぁ、喉も渇いた事ですし、ちょっと寄り道






展示コーナーと、お土産コーナーによるこじんまりとした記念館…。

双葉山の生立ちの年表、ビデオ上映コーナーもあります。

寡黙な横綱だったそうで、どんなに大記録がかかった勝負に勝っても、けして相手の前で喜ぶ姿を見せなかったと書いてありました…。

正に武士道❗これぞ歴史に残る大横綱の生き様❗感動しました。勉強になります。


双葉の里:
http://www.city.usa.oita.jp/site/kanko-guide/117.html




豊後高田昭和の町

街道からちょっと奥まった路地に入ると昭和の町が現れます。

ナントもレトロな雰囲気です。

ちょっと群馬県の富岡の町に似ているような気がします。

スッカリさびれ放題だったこの町を行政がこんな風にリニューアルしたんだそうです。

女性達も働き易い町作りを目指しているそうな…。

昔からそこにあったであろう古めかしい商店が活気づいていました。(*^^*)






出会いの里

町の中に緑が茂る涼し気なスポット出会いの里…。

真ん中に小川が流れていて、ビールの空きカンで作られたモビールがクルクルと揺れています。

お土産店や、竹細工店が並んでいます。






我慢出来ずに昼食…。

宇佐神宮に向う途中ですが、お腹も空いた事ですし、出会いの里内の飲食店で昼食を摂る事に…。

知ってか知らずか父はしきりに「蕎麦が食べたい。」と言っておりまして…(ー ー;)

そのお店には牛タン焼き定食や天丼、チャンポン、焼きそばなど、何屋なのかサッパリわからないお店でしたが…(・_・;

とりあえず、お蕎麦はあるようなので入ってみたんです…。

それぞれのオーダーを済ませた後、しみじみメニューをみてみると…∑(゚Д゚)

この辺りは蕎麦が採れて、蕎麦の生産地だったのです…(゚o゚;;

だからお蕎麦屋さんも名店があったりするんですって〜…早く言ってよ(-_-)

父が食べていたお蕎麦は太くて、手打ち感がありました。まちゃ姉は天丼、マスターはメンチカツ定食を頂きました。

素朴なお味でした。

昭和の町、豊後高田公式観光サイト:
http://www.showanomachi.com/

おっ♬

母から電話が…♪( ´▽`)

「今何処❓まだ神宮境内にいるの❓」

「え"〜っ❗❓まだ着いてもいないの❓」

「叔母さんが夕方5時頃来るってよ。」

お父さん、いい加減、宇佐神宮に向かってください。お願いします❗{(-_-)}

  


Posted by まちゃ姉 at 12:00Comments(0)日記

2016年06月21日

中津市観光

こんにちは(^-^)/ 前回の続きです。

『楽縁』マスターとまちゃ姉は、まちゃ姉の実家のある九州へ初めて夫婦で旅行です。





まちゃ姉の実家は、一応福岡県なのですが、山国川を渡るとそこは大分県中津市です。

中津市は母の出身地で今でも母の妹…叔母が住んでいます。

中津城というお城があって、何気に歴史的に貴重な町なんです。

父が車で案内してくれました。





一応、中津大神宮ってなっているんです。

まちゃ姉は、過去にも何度か訪れた事はありますが、改めて来てみると、成る程、なかなか趣きあるところです。



独立自尊碑

一万円札でお馴染みの福沢諭吉先生の出身地でもある中津市。

「独立自尊」という有り難いお言葉が記念碑になっているんです。

ありがたや、ありがたや(>人<;)

"独立自尊"
心身の独立を全うし、自らその身を尊重して人たる品位を辱めざるものこれを自尊の人という。




西南後中津隊乃碑


九州に行くと、あちこちで西南役に
関する碑などを目にします。
中津では増田宗太郎が隊を率い、
薩軍側として政府軍と戦ったそうです。

この増田宗太郎は、生粋の攘夷主義者だったようで
1870年(明治3年)に福澤諭吉が中津に帰省した際に
暗殺を試みたものの、失敗したという
逸話が残っているそうです。

引用しました。↓

中津城:
http://www.geocities.jp/shanehsmt_tabi4/Travel/Japan/Oshiromeguri/NakatsuJyo.html


黒田官兵衛資料館

こんな建物あったっけ❓

中津城の敷地内にあります。

昨年NHK大河ドラマで黒田官兵衛が放映されていた頃は観光バスで、たくさんのお客様が詰めかけて、たいそう賑わったそうです。


黒田官兵衛所縁の中津城
http://fanfunfukuoka.com/travel/11433/



福沢諭吉旧居、福沢記念館
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1023431-d2417884-Reviews-Yukichi_Fukuzawa_Memorial_Museum-Nakatsu_Oita_Prefecture_Kyushu_Okinawa.html

写真はまちゃ姉が撮影した生写真デスよ…。(^O^)

こちらも過去に何度も訪れた事があります。

福沢諭吉先生所縁の地が身近なのに、(東京では慶応義塾大学の近所に住んでいた。)一万円札にはトンとご縁が薄いまちゃ姉です。(>人<;)  


Posted by まちゃ姉 at 12:00Comments(0)日記

2016年06月20日

九州へ出発❗❗

こんにちは(^-^)/『楽縁』まちゃ姉です。

またもやだいぶご無沙汰してしまいました。

このブログに対してのご意見などだいぶ頂きまして…。

今までとはちょっとスタイルを変えてみたいと思います。






今からちょうど一週間前になりますが、マスターと、まちゃ姉の実家がある九州へ向けて出発しました。

この日、地上は土砂降りでしたが、飛行機が飛び達つと当然ですが、上空は明るく晴れ上がっています。






土砂降りの中、高崎駅東口まで徒歩で向かいリムジンバスにて羽田空港へ…。

実家に行くのはかれこれ7年ぶり…。

飛行機乗るのも7年ぶり…。

飛行機が離陸して機体が上昇➡テンションもあがる〜⤴⤴⤴☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆





平日AM10:05発のJALでしたが、満席です。

ビジネスで出張の方も居られるのでしょうが、乗客の皆さんなんだか楽し気に見えます。( ^ω^ )






機内の安全確認ビデオなど見せられ、ようやくシートベルトランプが消え、空港で購入した温みがちなビールで一息着くと…。

ありゃありゃ、もう陸地が見えて来ちゃった(^_^;)





てなわけで、あっと言う間に北九州空港に着陸!(◎_◎;)

空港には父が車で迎えに来てくれてるはず。

思えば、マスターと二人で旅行っていうのも初めて…。

両親にマスターを紹介するのも初めて^_^;

どんな旅になりますやら、続きはまた次回。お楽しみに…。^_−☆
  


Posted by まちゃ姉 at 12:24Comments(0)日記